ファッシング -V-【ミュンヘン】


[E-P3, M.ZD12/2, F2, 1/60s, ISO200, Lightroom4beta]

ビールやスパークリングワインとかでてるけど、寒いからやっぱりグリューヴァイン。
温まる。
ホッとする。

さて、このM.ZD12/2。
枝葉末節を別にすればほとんど完璧なレンズだ。
それだけに惜しい。

何度も書いているけれど、電子補正しているにも関わらず歪曲がかなり残っている。
そのせいで、真面目に撮りたいときはRAW現像が必須のレンズ。
ルックスは抜群なのに残念だ。

ちなみに、これも一つ前の写真もそのせいでRAW現像を余儀なくさせられている。
歪曲補正して直線をだすようにしている。

マジで許せない、オリンパス。
こんな高い金とって。
どういう理由でわざわざ歪曲残してるんだよ。

いや、理由は聞かなくても分かる。
でも、一流の高価な単焦点広角レンズとは、歪曲がないことなんだよ!
そんなこと、コシナのフォクトレンダーとツァイスの違い(前者が悪、後者が善)を見れば分かるだろ!!

LeicaのMやRだって、YCレンズだって、みんなそうだ(善)。

マジで木じゃなくて森をみてほしい、オリンパス(悪)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック